過去のワールドカップ期間中の日経平均株価の動き 東京マーケットワイド

2018年6月15日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  過去のワールドカップ期間中の日経平均株価は、上げ下げを交互に繰り返している状況で、もし、今年もこの流れを繰り返す場合には、ワールドカップ期間中株価は、下げる事になる様です。 そして、決勝が日曜日なので、その翌日から、一ヶ月後までの株価の変動を見ると、株価は、1度... 続きを読む

6月は新興市場が盛り上がる季節 Newsモーニングサテライト

2018年6月5日のNewsモーニングサテライトで、岡三証券の小川佳紀さんが、下記の内容について話されていました。 例年、6月は新興株が盛り上がりやすい季節で、マザースと、ジャスダックの2013年から2017年までの5年間の月間の売買代金を見ると、6月に5兆円位と、最も売買が増える傾向があるそうで、背景としては、決算発表が終わって、新興市場でも今後の業績拡大や、成長が期待される銘柄に、資金が集まる... 続きを読む

1月から5月までの月間株価が、2回だけ上昇した年の6月以降の相場 東京マーケットワイド

2018年6月1日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  5月相場は、月間でマイナスとなってしまいましたが、今年の1月から5月までで、月間で株価が上がったのは、1月と、4月の2回だけでしたが、この様な状況の年は、6月以降の相場は上昇する事が多かったそうで、過去の実績では、9勝2敗となっています。 今年は、このデータに該当... 続きを読む

”5月株を売れ”が成功する年、失敗する年の傾向 東京マーケットワイド

2018年5月18日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  2001年以降で、”5月株を売れ”が成功した年と、効きにくかった年を分けるポイントは、4月時点の日経平均株価が、前年末比で、上がっていたか、下がっていたかで、分けられるそうです。 4月時点の日経平均株価が、前年末比で、プラスだった年は、5月から8月又は9月の安値... 続きを読む

5月相場は弱い(セルインメイ 株は5月に売れ)は嘘?:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年5月1日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 2013年から2017年の5月の相場で、月足が陰線(月初の始値より月末の終値が下落)になったのは、バーナンキショックがあった、2013年だけだそうで、その時でも、わずか24円の下落で、それ以外は、全て陽線(月初の始値より月末の終値が上昇)だそうで、特に、2015年及び2016年は... 続きを読む