10月中旬以降のアメリカの債務上限引き上げ法案に注意 日経プラス10

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月24日の「日経プラス10」で、日経ヴェリタス編集部デスクの塚本奈津美さんが、下記の内容について話されてました。


アメリカ格付会社大手のフィッチ・レーティングスは、8月23日に、アメリカ政府の債務上限が10月中旬以降までに引き上げられなかった場合には、アメリカの長期債務の格付けを、引き下げ方向で見直すとの見方を示したそうです。フィッチ・レーティングスは、現在アメリカ国債の格付けを、最高位のトリプルAにしていますが、アメリカ連邦政府の債務は、既に法律で定めた上限近くに達していて、議会で、引き上げ法案の成立が必要となっています。

過去の事例では、2011年4月にスタンダード・アンド・プアーズが、米国債格付けを弱含みで見直すと発表を行って、夏にかけて、債務上限の法案を通したものの、2011年8月に、スタンダード・アンド・プアーズは、米国債格付けを1段階引き下げてしまって、翌週のダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価(ダウ平均)が、600ドル以上下げてしまったそうです。

その為、10月中旬以降のアメリカの債務上限引き上げ法案が成立しないと、日本のマーケットにも影響がでる可能性もあります。

日経プラス10 | BSジャパン

1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト




ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)