PERとEPSから見る日経平均株価の適正株価 GOGOJUNGLE マーケット・ストラテジー

2016年4月26日のGOGOJUNGLE マーケット・ストラテジー #004で、エモリキャピタルマネジメントの江守 哲さんが、下記の内容について話されてました。

●日経平均採用銘柄の推計値
投資家が見ている世界の標準のPER(株価収益率)は、15倍だそうです。現在日本のEPS(一株あたり利益)は、1,100円前後なので、適正株価は、16,500円位となります。
そして、日本株のPERは、14倍から16倍で推移しているケースが多いので、16倍まで買われたとして、17,600円近辺なので、これを正当化するには、為替が115円まで円安にならないといけないとの事でした。

日経平均のEPSが1,100の場合の日経平均株価の適正株価
PER13倍 日経平均株価 14,300
PER14倍 日経平均株価 15,400
PER15倍 日経平均株価 16,500
PER16倍 日経平均株価 17,600
PER17倍 日経平均株価 18,700
日経平均PER PBR 日経平均株価適正水準

尚、経済評論家の杉村富生さんが、ラジオで、ここ数年のPERのゾーン(13~17倍)と言われていました。

stockvoice動画一覧 – YouTube
GOGOJUNGLE マーケット・ストラテジー – YouTube

人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)