PBR1.04倍以下は売られ過ぎ?:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2019年8月6日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。

過去3年間で日経平均株価のPBRが1.04倍以下になったのは、下記の10日がすべてですが、2018年12月21日から2019年1月4日までの6営業日連続、そして、2019年5月31日から2019年6月4日までも3営業日連続となっていたので、今週も3日から4日位PBR1.04倍以下が連続で続く事が予想され、そこで今回の安値(底値)を付ける可能性が高いとの事です。

日経平均PER PBR 日経平均株価適正水準

その為、日経平均株価は、今週中に今回の安値になる事は、九割九分自信があるそうですが、8月5日が安値となる確率は、5割の様です。

この様に、PBR1.04倍以下になった場合には、売られ過ぎと判断できるのは、その時には、ほとんどの場合は、20日平均の騰落レシオが70%を切っています。

しかし、8月6日の前場が終わった時点では、騰落レシオが72.3%と、70%を切ってはいない様なので、今後2日から3日のうちに70%を切れば、日経平均株価は、底値と判断できるそうです。

騰落レシオ 日経平均比較チャート

つまり、売り方は、もう少し頑張って日本株を売る可能性もあるとの事です。

●2018年12月21日:PBR1.04倍、騰落レシオ65.4%
●2018年12月25日:PBR0.99倍、騰落レシオ58.3%
●2018年12月26日:PBR1.00倍、騰落レシオ60.2%
●2018年12月27日:PBR1.04倍、騰落レシオ64.3%
●2018年12月28日:PBR1.04倍、騰落レシオ61.7%
●2019年1月4日:PBR1.02倍、騰落レシオ57.2%
※上記は、休みの日を除いて6営業日連続

●2019年5月31日:PBR1.04倍、騰落レシオ70.5%
●2019年6月3日:PBR1.03倍、騰落レシオ70.5%
●2019年6月4日:PBR1.03倍、騰落レシオ73.8%
※上記は、休みの日を除いて3営業日連続

●2019年8月5日:PBR1.04倍、騰落レシオ74.0%

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)