NT倍率が、20年ぶりの高値の理由 東京マーケットワイド

2018年11月29日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの中嶋健吉さんが、下記の内容について話されていました。

NT倍率が、20年ぶりの高値で、13.4倍となったそうですが、NT倍率とは、日経平均株価をTOPIXで割った数値で、TOPIXに対して、日経平均株価が優位に動けば、高くなります。

NT倍率 日経平均・TOPIX・JPX日経400 比較チャート

1992年4月につけた14.07倍が、史上最高だったそうで、この時は、株価がバブル崩壊後の戻り高値の時で、日経平均株価連動型の投資信託が、大量に発行され、日経平均型の投資信託が、大量に買われたと言う事で、TOPIXに対して、異様な程、日経平均株価が上昇したそうです。

この様に特殊な要因が無いと、NT倍率が急速に上昇する状況は起こらないそうですが、今回の日経平均株価の上昇は、衣料品のユニクロを運営しているファーストリテイリング1社で、語られてしまう様です。

ファーストリテイリングの浮動株は、発行枚数のうちの7%強位しかないそうで、そして、日経平均内の比重は、9%を超えている様です。

それ以外では、ソフトバンクが4.8%位、ファナックが3%位、KDDIが2.8%位となっていて、ファーストリテイリングの比重が、かなり大きくなっています。

その為、意図を持って、ファーストリテイリングの株価を上下させる事で、日経平均株価の動きに大きなインパクを与える事が可能となるので、日経平均株価を動かす要因で、NT倍率が、高値になっている様です。

TOPIX内では、銀行株が、占める割合が高いのですが、銀行株は、上昇する勢いが無いので、これも、NT倍率の急上昇につながっている様です。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)