掉尾の一振になるのは、東証1部以外の新興株 東京マーケットワイド 

2018年12月14日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  外国人投資家は、年明けから日本株を買ってくる事が多いですが、国内投資家の売りは、年末までには一巡してくるそうで、むしろ年末から上昇相場がスタートする事も多いそうです。 年末は、掉尾の一振が話題になりますが、東証1部は、あまり掉尾の一振にはならない様です。 20... 続きを読む

1月は日経ジャスダック平均株価のパフォーマンスが非常に良い 東京マーケットワイド 

2018年12月14日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  この時期からは、個人投資家の影響を受けやすい新興市場や、小型株のパフォーマンスが良くなる事が期待されるそうです。 日経ジャスダック平均株価と、日経平均株価の相対パフォーマンスを、月別で比べて見ると、11月、12月は、ジャスダックをはじめとする新興市場のパフォー... 続きを読む

来年の投資テーマは家電? 日経プラス10

2018年12月12日の「日経プラス10」で、ニッセイ基礎研究所チーフ株式ストラテジストの井出 真吾さんが、下記の内容について話されていました。 今後の米中関係が改善に向かうのであれば、輸出関連の株が息を吹き返す可能性が高いそうです。 日本の工作機械受注を見ると、今年の3月以降は、中国向けなどの外需が特に減ってきているそうで、3月は、アメリカが、中国に制裁関税をかけると、表明した時で、それ以来、工... 続きを読む

景気の変化の兆しを見逃すな!! Newsモーニングサテライト

2017年12月12日のNewsモーニングサテライトで、大和証券株式会社 投資戦略部シニアストラテジストの石黒英之さんが、下記の内容について話されていました。 今の様に、市場心理が悪化している時は、変化の兆しが出ていても、それが見逃される傾向があるそうで、後から振り返ると、あの時が転換点だったと言う事が多いそうです。 足元では、世界景気不安が叫ばれていますが、景気に関して、先行性があり、企業の景況... 続きを読む

年末は、最高益企業に注目 Newsモーニングサテライト

2018年12月10日のNewsモーニングサテライトで、岡三証券の小川佳紀さんが、下記の内容について話されていました。 外部環境の不透明感は、根強いですが、この様な環境だからこそ、業績面で安心感の強い、最高益企業に注目すべきだそうです。 例えば、TOPIX1000に採用されている企業のうち、今期、過去最高益を更新する予定の企業が、350社あり、その企業群の合成株価と、TOPIXの動きを比較してみる... 続きを読む