相場師朗の株塾:逆張りよりも、順張りの方が簡単

2018年6月12日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。 セミナーなどを通して、5年間様々な方々に、トレーディングを教えてきたそうですが、逆張りの練習(うねり取り)は、上手になるのに、ものすごく時間がかかるそうで、相場師朗さんや、一部のプロ相場師の方々も、この方法を行う事ができるそうですが、一般の方には、この方法は難しいそうで、一人前になるには、10年から15年... 続きを読む

相場師朗の株塾:3日移動平均線を使って、ベストな売買のタイミングを見つける方法

2018年5月29日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。 売買で、移動平均線を使う理由は、株価の動きが、凸凹しているのを、キレイな流れとして見る事ができるので、株価の流れを捉える為には、移動平均線だけを見た方が良いとの事で、5日移動平均線や、20日移動平均線は、本当に良く、5日移動平均線が、20日移動平均線の上にある時は、株価が上昇傾向にあり、逆に、5日移動平均... 続きを読む

相場師朗の株塾:移動平均線の方向がバラバラの場合の対応

2018年5月22日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。 5日移動平均線、20日移動平均線、60日移動平均線とも方向が揃って上向きの場合は、株価が一生懸命上がっている状況で、逆に、5日移動平均線、20日移動平均線、60日移動平均線とも方向が揃って下向きの場合は、一生懸命下がっている状況となります。 株価が一生懸命上がっている時に、最初に崩れるのが、5日移動平均線... 続きを読む

相場師朗の株塾:負けた銘柄は、追いかけると勝てる?

2018年5月15日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。 例えば、20日移動平均線が下落していて、その下に、5日移動平均線が下がっている状況で、その後、5日移動平均線が、20日移動平均線に向かって上昇して行き、5日移動平均線が、20日移動平均線に交わったけれども、株価は上昇せずに、5日移動平均線の下にロウソク足が出て、陰線になってしまった為、物別れと思って、売り... 続きを読む

相場師朗の株塾:買のちょうど良いタイミング見つける方法

2018年5月8日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。 株の売買が好きだと、買い遅れてしまったら機会損失だと思い、早いタイミングで、売買を行いたくなってしまいますが、機会損失だとしても、売買をして負けるよりは、売買を行わなかったのだから、プラスマイナスゼロと考えていた方が良いそうです。 トレードの肝は、初心者は、エントリーは遅く、エグジット(切る)は早めにした方... 続きを読む