5日平均の空売り比率が47.0%超えると、日経平均株価は底値となる?:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2019年6月25日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。

なぜか、日経平均株価の5日平均の空売り比率がピークの日に、アメリカ株は、大幅高になっているそうで、その翌日は、日経平均株価も連れ高して、結果として、5日平均の空売り比率がピークの日に、株価は安値となっています。

空売り比率 日経平均比較チャート

下記のデータを見ると、5月16日に5日平均の空売り比率が47.6%でピークとなり、その日に日経平均株価は、21,062円を付けたました。そして、ニューヨーク・ダウは、その晩に214ドルと大幅に上昇したので、翌日の日経平均株価は、連れ高して、187円上昇したので、結果的に21,062円が安値となりました。

●2019年5月16日に5日平均の空売り比率のピークが47.6%となり、日経平均株価が、安値の21,062円を付けた日に、ニューヨーク・ダウは、214ドル上昇して、翌日の日経平均株価は、187円上昇

●2019年6月4日に5日平均の空売り比率のピークが47.5%となり、日経平均株価が、安値の20,408円を付けた日に、ニューヨーク・ダウは、512ドル上昇して、翌日の日経平均株価は、367円上昇

●2019年6月18日に5日平均の空売り比率のピークが47.0%となり、日経平均株価が、安値の20,972円を付けた日に、ニューヨーク・ダウは、353ドル上昇して、翌日の日経平均株価は、361円上昇

上記の3回とも、5日平均の空売り比率が47%を超えた時に起こっているので、この5日平均の空売り比率が47%を超えると、日経平均株価は、ボトムを付けると言う事が、マーケットで認識されている可能性があるのではないかとの事です。

そして、この空売り比率がピークになるタイミングと、ニューヨーク・ダウの急上昇とのタイミングがうまく合っている様です。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)