2020年に半導体ブーム復活か? 日経プラス10

2019年7月26日の「日経プラス10」で、楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジストの窪田 真之さんが、下記の内容について話されていました。

2020年に半導体ブーム復活すると考えているそうで、アメリカの半導体株価指数のフィラデルフィア半導体株指数は、2018年は、半導体不況で一度下落しましたが、足元では史上最高値を更新しています。

半導体株価指数は、ブームと不況を1年位先取りして動くので、今は半導体不況ですが、2020年に半導体ブームになる事を織り込む動きをしている様です。

日本の半導体関連株5社も、半導体不況なのに大きく株価が上昇していて、今は第四次産業革命と言われて、AI(人工知能)、IOT(インターネット・オブ・シングス)、5G(第5世代移動通信システム)、ロボットなど、ITによる技術革新が進んでいるので、米中ハイテク戦争がなければ、これらの関連の需要がかなり出てくるとの事で、その基幹部品である半導体の需要が増える方向性には、変わりはないそうで、2020年には、ブームが復活するそうです。

中国のファーウェイの問題等もあり、メモリー価格等も下がっていましたが、足元では、在庫調整も進んでいて、更には、日本が韓国向けの半導体製造に必要な化学品の輸出を規制するニュースが出てからは、半導体のDRAMと言うメモリの価格が、2割位上昇しているので、それを受けて、半導体株が上昇している様です。

半導体関連5社は、下記の企業です。

●東京エレクトロン:事業内容は、半導体製造で、配当利回りは、2.7%
東京エレクトロン(株)【8035】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

●アドバンテスト:事業内容は、半導体製造で、配当利回りは、2.2%
(株)アドバンテスト【6857】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

●信越化学工業:事業内容は、シリコンウエハ-で、配当利回りは、2.0%
信越化学工業(株)【4063】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

●SUMCO:事業内容は、シリコンウエハ-で、配当利回りは、3.3%
(株)SUMCO【3436】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

●ルネサスエレクトロニクス:事業内容は、自動車用半導体
ルネサスエレクトロニクス(株)【6723】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

昔は、日本にも半導体の競争力がある会社はたくさんありましたが、今はだんだん減ってきているので、特に半導体の競争力が強いと考えられているのが、上記の5社で、足元では業績は低迷していますが、2020年に向けては、業績の回復が見込まれるそうです。

直近までは、半導体の株価は下がっていたので、配当利回りは、ルネサスエレクトロニクスを除けば高くなっていて、今は、半導体株は買い場と考えられる様です。

既に株価は、安値から見ると戻っていますが、1年前のブームと比べると、大きく下がっています。

窪田 真之さんは、1987年以降半導体関連のアナリストだったので、半導体関連株の分析をしてきたそうですが、半導体関連株は、不況で買って、ブームで売るのが良いそうです。

アドバンテストの企業決算は、業績は良くなかった様ですが、5G(第5世代移動通信システム)向けのSOCテスターの受注が増えているので、米中貿易戦争の問題はありますが、第四次産業革命の流れは止められないとの事です。

日経プラス10 | BSテレ東



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)