原油高を見越した個人マネーの動き ワールドビジネスサテライト

2016年12月12日の「ワールドビジネスサテライト 」で、「原油高を見越した個人マネーの動き」の話題がありました。 

原油高を見越した個人マネーの動きがあるそうで、東京都千代田区のシンプレックス・アセット・マネジメント(Simplex Asset Management)が運用する、株式と同じ様に、市場で売買できるETF(上場投資信託)のWTI原油価格連動型上場投信ETF(1671)は、OPECが減産を決めて以来、売買高が大きく増えているそうで、シンプレックス・アセット・マネジメント運用本部の棟田響さんの話では、12月は、それまでの数ヶ月間と比べて、4倍程度の売買代金になっているそうで、約2,600円(12月12日時点)から購入可能で、個人でも売買しやすい上場投資信託です。

原油価格の上昇で、利益確定の売りが出る一方、更なる原油高を見込んだ買いも、活発だそうです。売買代金が膨らんでいるので、買う人も、一定数いて、しばらくは、活況な取引が続くと考えているそうです。

大浜平太郎キャスターの話では、原油価格に連動するETFは、値動きが激しいので、リスクはあるのですが、株式や債券などと分散して投資する場合には、利用しやすいというのも、売買が伸びている一因だそうです。

WTI原油価格連動型上場投信 pdfファイル

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)