10月のドル円相場の傾向 Newsモーニングサテライト

2017年10月1日のNewsモーニングサテライトで、クレディ・アグリコル銀行の斎藤裕司さんが、下記の内容について話されていました。

先週末のドル円は、半期末を控えたリバランスによるドル買いで、113.71円まで上昇しましたが、10月1日より下期入りとなり、半期末の特殊要因が剥落するので、ポジション調整も出やすく、ドル円が一本調子で、上昇する事は無いとの事です。

10月のドル円相場の傾向は、アベノミクスが始まって以来、月初に比べて、月末は、常にドル高円安になっていて、10月は、日本から海外への新規投資や、アメリカ企業によるドルのレパトリ(外国に投資されていた資金を、本国に還流させる事)が、出始める事が背景にあるそうです。

ドル円のフィボナッチチャートを見ても、既に、2017年11月の高値(円安114.73円)と今年の安値(円高104.50円)の76.4%である112.32円を超えてきているので、全戻しの114.73円が視野に入ってきているそうです。

そして、値動きの大半がバンド内に収まると言うドル円のボリンジャーバンドを見ると、上限の113.67円を上抜けてきていて、バンドの幅も徐々に上向き方向に広がってきているので、10月中は、円安の傾向が強い様です。

ただし、買われ過ぎ、売られ過ぎを示すRSI(14日)のチャートを見ると、既に買われ過ぎを示す70を超えてきているので、目先は調整に注意した方が良いとの事です。

Newsモーニングサテライト:テレビ東京

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)