米国大統領選挙でトランプ氏が勝ったら… 東京マーケットワイド

2016年7月27日の東京マーケットワイドで、エモリキャピタルマネジメントの江守 哲さんさんが、下記の内容について話されてました。

今のオバマ大統領が、民主党なので、ヒラリー・クリントンさんが、もし、共和党のドナルド・トランプさんに負けると、米国大統領選挙で現職政党敗北することになり、このケースで5%以上の下落のケースを抽出したところ、米国株の下記の様な結果となっている。

1920年 平均下落率-32.9%
1932年 平均下落率-23.1%
1940年 平均下落率-12.7%
1960年 平均下落率-9.3%
2000年 平均下落率-6.2%
2008年 平均下落率-33.8%

共和党のトランプ氏が勝つと、不安心理が先行して、かなり高い角度で、上記の様に米国株が大幅な下落になる可能性がある。今のアメリカの株価はものすごく高いので、下落余地も大きいと考えられるので、頭のなかに入れといた方が良い情報だそうです。

ただ、江守さんの資料では、5%以下のケースは、表示されていませんでしたので、あまり下落しない場合もあるのかもしれません。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)