相場師朗の株塾:うねり取りで、酒田五法を全て覚える必要は?

2016年8月23日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。

視聴者からの質問に、相場師朗さんが、答えられて、

●質問の内容
「うねり取りは、移動平均線、日柄、価格の節目、ロウソク足の動きなどから、建玉の操作をしますが、酒田五法のロウソク足の単線、複合線など、およそ50通りの組み合わせを暗記して、うねり取りの建玉の操作をやる必要があるか?」

●質問の答え
酒田五法が全部正しいとは限らないので、酒田五法の全て覚える必要はない。酒田五法は、江戸時代の本間宗久さんが考えられたと言われているが、言い伝えが色々加えられて酒田五法が出来たと思うが、今は使えないのもあるので、相場師朗さんが説明されている中に、酒田五法で似た様な物があるり、それが現代版に合っているので、それを勉強した方が良い。

形式を覚えるのではなく、ロウソク足の動きを見ているうちに、気がついたら、わかっていたという、技術を身につける必要があるそうです。

酒田五法
酒田五法 – Wikipedia
株の教科書「酒田五法」で今後のチャートパターンを分析! | 俺たち株の初心者!

人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)