決算発表が始まる前の株価は安い 東京マーケットワイド 

2016年4月11日の東京マーケットワイドで、大和証券の木野内 栄治さんが、下記の内容について話されてました。

決算発表が始まる前に株価は安値を付けているそうで、ここ1年位の日経平均株価を見てみると、下記の様になります。

2016年4月8日が安値で、日経平均株価は、15,471円で、高値が、その後の4月25日で、17,613円
2016年7月8日が安値で、日経平均株価は、15,106円で、高値が、その後の7月21日で、16,938円
2016年10月14日が安値で、日経平均株価は、16,727円で、高値が、その後の11月1日で、17,473円
2017年1月18日が安値で、日経平均株価は、18,650円で、高値が、その後の1月27日で、19,486円

月の8日から18日の間に、四半期の押し目があるそうで、アメリカの決算発表が始まる時期には、株価が底になりやすいとの事です。
尚、騰落レシオから考えると、4月19日に底を付けるのではないかと言われていました。

但し、戻ったとしても、3月末から4月頭位の水準までだそうで、トランプ大統領のリスクや、地政学リスクなどがあるので、よく見て判断する必要があるそうです。
そして、セルインメイ(5月に株を売れと言われている)で、株価を予測すると、アメリカの政権は、民主党から、共和党に移行した年は、4回あるそうですが、
年の後半は、株価が下がっているそうで、中でも、レーガン大統領と、トランプ大統領は政策が似ていると言われていますが、年の後半に、トランプ大統領が、インフラ投資を行わなかった場合には、景気後退のリスクもあるそうで、その場合の高値のタイミングは、5月位になるかもしれないとの事でした。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)