業種別株価のサイクル 東京マーケットワイド

2016年6月23日の東京マーケットワイドで、複眼経済観測所の渡部清二さんが、下記の内容について話されてました。

2016年3集夏号の四季報から見ると、企業の業績は、前期は増収増益だったが、今期は、全体では減収減益(0.3%減収、1%減益)となっている。

全体的には、厳しい状況であるが、各セクター(業種)がどの様なサイクルのところにいるのか見てみると、株価がボトム圏にある場合は、企業業績が減収増益となるが、現在減収増益のセクターは、電気機器、卸売り(商社)、鉄鋼、非鉄金属などである。

株価が上昇局面にあるのが、企業業績は、増収増益となり、現在増収増益のセクターは、不動産、情報・通信、小売、食料品、サービスなど。但し、不動産は、売り上げの伸びは、前回の四季報からは伸びているが、利益の伸びが鈍化しているので、注意が必要だそうです。

株価が天井にあるのが、企業業績は、増収減益となり、現在増収減益のセクターは、陸運、機械、建設、医薬品、化学などである。

株価が下落局面にあるのが、企業業績は、減収減益となり、現在減収減益のセクターは、電気・ガス、輸送用機器、銀行、保険、ゴム製品などだそうです。

四季報からの有望個別銘柄は、
5706 三井金属で、ポイントは非鉄セクターで、減収増益、3.9%減収、87%営業増益、形状利益黒字転換、コメントは、復調、市況底打ち、PBR0.64倍、配当利回り3.17%で割安に放置されている。
三井金属【5706】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

6986 双葉電子工業は、自動車インパネ等の蛍光表示管で世界首位、ポイントは、今期から3年間特配4.36%(大幅増配)、コメントは、有機EL、ウエアラブル、ドローンなどのテーマ、自己資本比率81.8%と健全かつPBR0.72倍と割安
双葉電子工業(株)【6986】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

4768 大塚商会は、情報サービス大手で、SIから保守まで一貫して行っており、ポイントは、4期連続最高純利益更新、増配、強化ポイントは、サーバー攻撃型や金銭要求型などニーズが高い対策への対応重視、マイナンバー商談も強化
(株)大塚商会【4768】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

5269 日本コンクリート工業は、ポール(柱)は電力、NTT向けに圧倒的。パイル(杭)も大手3社の一角で、ポイントは、下期から五輪需要の顕在化を見込む、茨城県、女方(おざかた)工場は、8月からフル稼働、最高益更新予想+連続増配
日本コンクリート工業(株)【5269】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)