株価急落局面での投資家の対応  Newsモーニングサテライト

2018年12月27日のNewsモーニングサテライトで、ホリコ・キャピタルマネジメントの堀古英司さんが、下記の内容について話されていました。

株式投資は、今回の様に株価が下落している局面では、長期で考えて投資する必要があるとの事です。

株式投資で、よくある間違いが、過去の株価では取引できないのに、過去の株価を気にしてしまう間違いで、取引ができるのは、今の株価と将来の株価なので、今の株価と将来の株価に比べて、今の株価は安いか、または、高いかという冷静な判断が必要だそうです。

株式投資のリターンのほとんどは、リスクを取った見返りとして得られるので、このリスク程度は、VIX指数でわかるそうです。

1990年以降のアメリカS&P500株価の平均上昇率のデータを見ると、投資したタイミングのVIX指数が高い時ほど、リターンに期待できるとの事です。

VIX指数が25から30になった時の1年後には、4.2%株価が上昇していて、30から35だと1年後には、15%位のリターンを得る事ができ、30から40だと1年後には、20%位の利益を上げる事ができる様です。

そして、IX指数が25から30になった時の3年後には、15%株価が上昇していて、30から35だと3年後、35%位のリターンを得る事ができ、30から40だと3年後には、40%位の利益を上げる事ができる様です。

今は、アメリカのS&P500のVIX指数は、30位なので、今投資すると、歴史的な統計では、1年後には、15%位、そして、3年後には、35%位の利益を得られる可能性がある事になります。

Newsモーニングサテライト:テレビ東京

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)