株価を決める一番のポイント 杉村富生さん

2016年2月3日のザ・マネー~水曜日 視界良好!杉村商店で経済評論家の杉村富生さんが、下記の内容について話されてました。
株価を決める一番のポイントは、企業業績で、1月21日の日経平均PERが13.4倍で、加重平均配当利回りが、2.16だった。この水準は、ガチガチの底値だった。ただ、この時の一株利益(日経平均EPS)と比べると、現在の一株利益が減ってきている。企業業績の下方修正が出尽くす事が一つのポイントで、12月の決算発表が終わって、下方修正が出尽くし、その段階で、日経平均PERが13倍台に入っていれば底値に近い。

2月2日の15.15倍はまだ高い。日経平均PERは、13倍から17倍のゾーンで動くので、ちょうど中途半端なところにある。この1株あたりの利益の値が、毎日減ってきているので、下方修正が行われている。

17,750.68(2月2日の日経平均)÷15.15(2月2日の日経平均PER)=1171.66(1株あたりの利益=日経平均のEPS)

日経平均PER PBR 日経平均株価適正水準

ザ・マネー~水曜日 視界良好!(2016.2.3日分)
杉村富生の兜町ワールドは経済や株式情報の解説を分かりやすく行っています。
ザ・マネー 視界良好!杉村商店| ラジオNIKKEI



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)