株は、10月に買って、4月に売る方法が儲かる

株は、10月に買って、4月に売る方法が儲かると言うアノマリーがありますが、それをマネースクウェア・ジャパン 山岸永幸さんがストックボイスで説明されていました。

過去25年間 1990年~2014年まで月別日経平均沸騰率では、8月がー1.6、9月がー1.5と通常は下落する事が多いそうです。山岸永幸さんは、これは夏枯れの現象だと言っていましたが、まさに「株は、10月に買って、4月に売る方法が儲かる」に当てはまる内容だと思います。

第371回 10月末買い・4月末売り、今年も<黄金の半年間投資>は有効なのか? | 石原順「外為市場アウトルック」 | 楽天証券

株は毎年の循環(10月末買い・4月売り)通りに動いている | 石原順 | 楽天証券

2015年10月13日追加
「株は10月末に買え」ハロウィーン・アノマリーとは? | ZUU online



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)