東証一部銘柄で、個人持株比率ランキング 日経モーニングプラス

2016年10月4日の日経モーニングプラスで、日本経済新聞編集委員の鈴木亮さんが「東証一部銘柄で、個人持株比率ランキング」について話されていました。

新興企業の銘柄は、個人の持株比率が高くなる傾向があります。コロワイドは、株主優待を期待して、株を持つ人が個人株主には多い様です。

9位のカゴメは、株主優待として自社商品の詰め合わせを配布しているいるので、個人持株比率が60.8%なのは、大企業としては異例の多さとなっている。

このランキングには、出ていませんが、日本マクドナルドも、アメリカのマクドナルドが持っている株を除くと、実質流通している株の個人持株比率は、8割位になっているそうです。

この様に株主優待を期待して、個人持株比率の高い会社の株価は、外国人投資家の売りの影響を受けないので、株価がなかなか下がらないそうで、リーマンショックの時も、カゴメの株は、下がらなかったそうです。

尚、3月末時点の東証一部銘柄で、個人持株比率ランキングは、下記の通りです。

1.コロプラ 78.4%
2.コロワイド      78.2%
3.ユーグレナ 77.9%
4.グリー 72.5%
5.クリエイトSDH 69.1%
6.クックパッド 68.7%
7.ペプチドリーム 61.3%
8.トランス・コスモス 60.8%
9.カゴメ 60.8%
10.オープンハウス 59.3%

日経モーニングプラス|BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)