日銀政策決定会合後の為替の動向 東京マーケットワイド

2016年7月27日の東京マーケットワイドで、ヤフーグループ ワイジェイFXの遠藤寿保さんが、下記の内容について話されてました。 

7月29日の日銀政策決定会合で、もし現状維持であれば、ドル円は、100円を割り込む下落が想定され、追加緩和でも想定内の追加緩和であれば、ドル円は、少し上がってから下落すると思われる。そしてもし、ヘリコプターマネーが協議される事となると、今の雰囲気だと110円を突破する可能性もあるので、29日の3時以降は、大きく変動する可能性があります。

その為、ポジションを持っている方は、軽くしておく事をおすすめすると言われていました。今は、ドル円のボラティリティが、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の時と同じ位上がってきていると言われているので、5円から10円動く可能性もあるとの事でした。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)