日銀は、為替介入の代わりにETF購入 ザ・マネー

2016年8月17日のザ・マネー~水曜日 視界良好!杉村商店で経済評論家の杉村富生さんが、下記の内容について話されてました。

為替介入が出来ない分、日銀のETF買いが、円高を抑制している部分があると思う。理由は、株高円安なので、株価を上げる事により、結果的に、円高を牽制している。円安株高ではなく、株高円安となっている。

つまり、日銀のETF買いは、為替介入に匹敵する力がある。金額的にも非常に少なくてすみ、日銀のETF買いは、1日700億円位であるが、為替介入をしようと思うと、最低でも7兆円から10兆円位必要になる。

今年グーンと円高になった局面は、2月11日の建国記念の日の祝日、5月3日の憲法記念日の祝日、そして、8月11日の日は、山の日で祝日だったので、心配していたが、8月15日、16日の終戦記念日のお盆休みを狙ってきた。外人投資家は、日本の祝日をよく研究している。9月も祝日があるので、仕掛けてくる可能性もある。

杉村富生の兜町ワールドは経済や株式情報の解説を分かりやすく行っています。
ザ・マネー 視界良好!杉村商店| ラジオNIKKEI
人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)