日経平均株価安値時点のPERとPBRの数値:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年2月13日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。

2016年2月12日のPBRは0.99倍で、6月24日のPBRは1.03倍だったので、会社の解散価値まで売られたそうで、この時の株価下落の原因は、原油価格の暴落と、ドル円が100円より円高になったそうですが、それでも解散価値までで、止まったそうです。
その為、どんなに環境が悪くなっても、PBRは1倍位で、日経平均株価の下落は止まる様です。

2017年は、増益基調で、景気も良かったそうで、4月14日も9月08日の安値日も、PBRは1.2倍位で止まっていて、PERは、結果として、13倍を割れたり、15倍で止まったりするそうで、ファンダメンタルズ指標の中で、株価の安値圏で使えるのは、PBRだそうです。

2017年は、1.2倍位で止まって、今年も景気や、企業業績が、それほど変わったわけではないので、1.2倍位では、株価の下落は、止まる可能性があるとの事で、ファンダメンタルズから見ても、日経平均株価が2万1,000円を大きく割ることはないそうです。

2016年以降の日経平均株価の安値時点のPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)は、下記の通りです。

■2016年
●2016年2月12日が安値日で、株価が14,952円で、PERは12.97倍、PBRは0.99倍
●2016年6月24日が安値日で、株価が14,952円で、PERは12.62倍、PBRは1.03倍

■2017年
●2017年4月14日が安値日で、株価が18,335円で、PERは15.38倍、PBRは1.21倍
●2017年9月08日が安値日で、株価が19,274円で、PERは13.69倍、PBRは1.22倍

■2018年
●2018年2月09日が安値日で、株価が21,382円で、PERは13.08倍、PBRは1.23倍

尚、下記のサイトを見ると、2018年2月16日現在のPERは12.93倍、PBRは1.22倍です。
日経平均PER PBR 日経平均株価適正水準

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)