日経平均採用企業の海外売上比率 日経プラス10

2017年3月28日の「日経プラス10」で、カブドットコム証券の河合達憲さんが、下記の内容について話されてました。

足元の為替は、110円台で、企業の第三クオーターの想定為替レートは、110円位なので、外需関連は、新年度の株価は、期待しずらい所があるそうです。

日経平均採用の225社の海外売上比率を見ると、30社(輸送用機器、電気機器など)が70%以上、47社(機械、輸送用機器など)が50%から70%未満、33社(医薬品、化学など)が30%から50%未満、40社(食料品、建設)が30%未満、75社(銀行、不動産、建築、小売など)が未発表(つまり、海外売上があまりない企業)だそうですが、海外売上比率が30%以下だと、内需関連と考えられるそうで、輸出関連の企業が、全体の半分位を占めているので、日経平均株価は、為替の変動を受けやすいそうです。

そして、内需関連の会社は、食料品、建設、銀行、不動産、小売など115社あり、特に、小売企業は、2月決算の企業が多いので、ニトリの様に好業績を出してくれる企業が多くなれば、それがきっかけとなり、内需関連株に投資家の目が向かう可能性が高いとの事でした。

日経プラス10 | BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)