日本株が一番売られる理由 西山孝四郎さん

2016年2月26日のザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェアで、現役ファンドマネージャーの西山孝四郎さんが、下記の内容について話されてました。

日本は、対GDP比でみると、アメリカより多額のQE(量的緩和政策)を行っており、市場が中央銀行バブルの様な状態になっているので、日本株が一番売られる。

それと、アメリカとドイツは高速取引で、市場をおもちゃの様に操る投機筋がいるが、規制により注文が通らなくなっているが、日本の東証は無茶苦茶なナノテクノロジーの推進をしているし、流動性もあるので、売り叩くにはちょうど手ごろなマーケットになっている様です。
QE(Quantitative Easingの略で、量的緩和(政策))│SMBC日興証券

マネースクウェアジャパンの比嘉 洋さんは、2015年7月からの日経平均株価のチャートは、2007年のリーマンショックの前に起きたパリバ・ショックと同じ様なチャートになっているとの事でした。下記のチャートを見ると、4月位に再度大きな暴落があるかもしれないので、注意が必要との事でした。
日経平均のアナログチャート
第2のリーマン・ショック?2007年当時と似ている点 | ZUU online

西山孝四郎のFXマーケットスクウェア (2016.2.26放送分)
ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア | ラジオNIKKEI



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)