市場コンセンサスの見方と鉄鋼業界の現状

ファーストリテイリング(9983)は、先日の決算で、最高益を更新しましたが、市場コンセンサスに届かなかったので、3日間爆売りされました。企業の株価の価値は、本当は利益で評価されるべきだと思いますが、今は市場コンセンサスと比較して達成しているか、していないかと言う事で、株価が判断されています。株を長く持っている方はあまり影響はないと思いますが、短期で売買されている方は決算時に株を保有する事は非常に難しいと思います。つまり今の相場は、予測で買って、現実で売るとの考えが正しいと思います。

ファーストリテイリング最高益の原動力は「海外ユニクロ」 「売上げ5兆円」目指す柳井氏に立ちはだかる壁 : J-CASTニュース
(株)ファーストリテイリング【9983】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

インバウンドの爆買いで、外人が「雪肌精」を買っているシーンをテレビでよく見ますが、コーセー(4922)の上期の決算は、10月30日の15:00からなのに、今日観測報道が出て、会社の上期営業益の従来計画は130億円も上振れ、前年同期比2倍の150億円と出ましたが、市場コンセンサスは、160億円だったので、最終的には、-100円まで戻しましたが終わりましたが、一時は、-790円まで売られました。会社側は、実際に発表もしていないのに、いい迷惑ですよね。

(株)コーセー【4922】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス
決算発表スケジュール:日本株 – トレーダーズ・ウェブ(株式情報、FX情報)

初心者の方は、市場コンセンサスはどこに書いてあるのかわからない方も多いと思いますが、楽天証券経済研究所長 兼 チーフ・ストラテジストの窪田真之さんが、楽天證券での市場コンセンサスの見方について、説明されています。そして、その例題として、新日鐵住金(5401)のデータが紹介されていますが、鉄鋼株の決算予想についても触れられています。

他の証券会社さんでも同じ様な仕組みになっているのではないかと思います。ご自身が契約されている証券会社さんにてご確認下さい。

鉄鋼株の決算プレビュー(決算発表前の見解)
鉄鋼株の決算プレビュー(その2)



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)