外国人投資家の日本株の売りは止まるか? 日経モーニングプラス

2017年4月4日の日経モーニングプラスで、日本経済新聞編集委員の鈴木亮さんが、下記の内容について話されてました。

外国人投資家は、この6週間で、1兆円売っていて、2017年1月から3月までの合計で、2兆円売っているそうですが、4月の外国人投資家の買い越し額は下記の通りです。

2007年は、1兆4,534億円の買い越し。
2008年は、8,204億円の買い越し。
2009年は、4,100億円の買い越し。
2010年は、8,302億円の買い越し。
2011年は、6,260億円の買い越し。
2012年は、950億円の買い越し。
2013年は、2兆6,826億円の買い越し。
2014年は、4,243億円の買い越し。
2015年は、1兆9,953億円の買い越し。
2016年は、8,604億円の買い越し。

つまり、1月から3月は株を売りますが、上記の通り、4月は、買い越しに転じているので、今年もこの傾向が続くことを期待していると話されていました。

日経モーニングプラス|BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)