地震と円高の関係性 マーケット・アナライズ・マンデー

熊本及びその近辺で、被災された方々へのお見舞と、亡くなられた方々へのご冥福をお祈り申し上げます。

2016年4月18日のマーケット・アナライズ・マンデーで、金融ストラテジストの岡崎良介さんが、下記の内容について話されてました。

円高は進むと思うが、地震により為替介入する大きな理由付けができたので、急激な円高にはなりにくくなった。ここからは、じわじわとしか下がりにくくなり、大きく円高に振れるする場合には、アメリカも介入を容認してくると思う。2011年の東日本大震災の時も、11日に地震が発生して、18日だったと思うが、介入を行っており、その時は、日米が一緒に介入を行った。しかし、その後、円高は止まる事はなく、7か月後の75円割れまで下落してしまったそうです。

マーケット・アナライズ・マンデー(2016.4.18放送分)
マーケット・アナライズ・マンデー | ラジオNIKKEI
人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)