先読みの指標について 元東京IPO編集長 IPOエバンジェリスト 西堀敬さん

10月10日のマーケット・アナライズplus+で、元東京IPO編集長 IPOエバンジェリスト 西堀敬さんが、先読みの指標について、説明していました。西堀敬さんは、売買代金の動向及び外国人投資家の動向を確認しているそうです。

売買代金の動向は、2兆円を超えると市場のエネルギーが高いと判断され、2兆円以下の場合は、エネルギーが低くなってきたと判断される。2兆円を超え売買代金が伸びてくると、株価の先高感が出てくる。

日本株の場合は、6割から7割が外国人投資家で、一旦売り始めると、連続して数週間から1ヵ月位続けて売り続ける。その為、日経平均株価が2~3千円下がる場合もある。外国人投資家は、今回の暴落で、2兆円から3兆円売っていたが、4兆以上通常は売る事はないので、外国人投資家が1ヵ月で2兆円から3兆円売ったら買い時と考えた方がよい。 

様々な経済指標(例えば、日銀短観などのニュース)を見ても、一般の人はプラスなのかマイナスなのかわからないので、売買代金の動向及び外国人投資家の動向により株価の動きを把握する事が可能となる。

外国人投資家 毎週木曜日の夕方には先週分が更新されている。株式売買状況[金額]を確認して下さい。
投資部門別売買状況 | 日本取引所グループ

今後のマーケット状況については、11月4日に上場する日本郵政株(約1.4兆円)を買う人がいる為、換金売りが発生して、下足圧力がでてくる可能性がある。12月は毎年株価が上がっている、12月は、欧米の投資家がクリスマスに入るので、売買をしない。リーマンショックなども人為的に起こすものなので、彼らは心を穏やかにクリスマスを迎えたいので、12月にネガティブなイベントを作る事はしない。更に、12月は決算の修正等も特別な事がない限りあまりない。尚、3月も波乱要因が少ない。

西堀敬のLet's MOOOOOOVE!!! | LET’S IPO

マーケット・アナライズ plus+ | 情報・ドキュメンタリー | BS12 トゥエルビ
マーケット・アナライズ plus+ | facebook



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)