低PERランキング 日経モーニングプラス

2017年1月19日の日経モーニングプラスで、日経QUICKニュース記者の中山桂一さんが、下記の内容について話されてました。

PER(株価収益率)は、会社の予想の一株あたりの利益と、株価の関係性を表していて、株価の割安感を測る指標ですが、低ければ低いほど、割安のサインです。

長谷工コーポレーションは、PER6.9倍ですが、直近では、株価が急伸していて、今市場で言われているのが、海外投資家が出遅れ株を探す中で、割安で業績が伸びる銘柄を探す動きがあるそうです。

それと、銀行株が入っていますが、りそなHDや、三井住友FGは、PERの面では、まだ割安と言えるそうです。

こうした割安銘柄を探す動きが、これからも強まってくると考えられるそうで、証券会社のセールス担当の話では、海外投資家から、どの銘柄を買えばいいのか聞かれるそうで、出遅れている、割安な株を探す動きが強い様です。尚且つ、決算発表が始まるので、多くの銘柄が上昇修正されると思うそうで、そうすると、PERは、切り下がる事になり、プロの投資家は、先々の事を考えて投資しますが、このPERを基準に銘柄を選定するのも良いかもしれないとの事でした。

1位 東京電力HD      PER4.9倍
2位 コンコルディアFG PER5.8倍
3位 長谷工コーポレーション PER6.9倍
4位 伊藤忠商事 PER6.9倍
5位 ユニチカ PER7.7倍
6位 トクヤマ PER8.0倍
7位 東芝 PER8.4倍
8位 日産自動車 PER8.5倍
9位 りそなHD PER8.5倍
10位 三井住友FG PER8.6倍

決算発表スケジュール:日本株 – トレーダーズ・ウェブ(株式情報、FX情報)

日経モーニングプラス|BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)