スマートフォンのアプリで、米国株の取引 ザ☆スマート・トレーダーPLUS

2017年4月13日のザ☆スマート・トレーダーPLUSで、マネックス証券の西尾 貴仁さんが、下記の内容について話されてました。

マネックス証券では、米国株をスマートフォンのアプリ(トレードステーション(Tradestation))で取引ができる様になったそうで、銘柄の登録は無限にでき、自分で金融などのリストを作って登録する事ができるそうです。

米国株の魅力は、過去23年間で、5倍も成長していて、しかも、誰でも知っている企業が、成長しているのが、何よりの魅力との事です。

●米国株は、日本株と違って、1株から購入することが可能で、そして、株主還元をスゴくしているので、配当金も比較的高めだそうです。
●オンライン証券で、スマートフォンのアプリで、米国株の取引ができるのは、マネックス証券だけだそうです。
●逆指値注文も可能
スマートフォンのアプリの特長は、豊富な注文機能を、スマホアプリでも搭載していて、例えば、米国株でも、逆指値注文もする事が可能で、米国株の場合は、深夜の取引になるので、相場が大きく変動した時に、寝てしまっている可能性もあるので、自分がポジションを持っている時に、逆指値注文を入れておけば、大きく下がった時でも、ロスカットが可能です。注文を入れておくと、90日先まで有効になるので、毎日逆指値注文を入れる必要はないそうです。
●指紋認証
iphone版のトレードステーション(Tradestation)であれば、指紋認証にも対応していて、面倒なパスワードを入力する手間もありません。
●チャート
チャートは、日足、週足、月足はもちろん表示できますが、分足は、1分足から、480分足まで、自由に設定ができるとの事です。
そして、このチャートは、50年分見ることができます。
●トレンドライン
トレードステーション(Tradestation)のスマートフォンのアプリでは、鉛筆の様なボタンを押し、始点と終点を押すと、勝手に線を引くことも可能です。
●S&P500に3倍連動するベア型ETF(株価が下落した時に儲かる)もあるそうです。

つまり、スマートフォン用のトレードステーション(Tradestation)は、パソコン版と同じ様な機能を提供しているそうです。

Tradestation(トレードステーション)
「資産運用始めるなら!マネックス証券」

ザ☆スマート・トレーダーPLUS | ラジオNIKKEI

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)