ウィリアム・ギャンの投資格言 東京マーケットワイド

2017年2月14日の東京マーケットワイドで、兜町カタリストの櫻井英明さんが、下記の内容について話されてました。 

ウィリアム・ギャンさん(1878年から1955年)は、ギャンの価値ある28のルールで知られるアメリカ人投資家です。

●25日間で286回の株の売買を行い、そのうち264回利益を出し、資金を100倍以上にした。
●479回売買をして、そのうち422回利益を出し、資金を40倍にした。
●1つの法則を確認するために、9カ月も図書館に通いつめた、700年分の商品相場の動きを10年かけて調べ上げた。

ギャンの価値ある28のルールで櫻井英明さんが、参考になると思われるのが下記の事項だそうです。

●「トレンドに逆らわない」
今のマーケットが上昇基調なのか、下降トレンドなのかを確認する。トレンドに逆らって取引しても儲からない。
●「迷ったらポジションをもたない」
迷ってもポジションを持ちたがる人が多い。参加していないと嫌な人が多い。
●「2~3銘柄でリスクを分散する」
●「値頃感で取引しない」
下がってきたから、この辺で底打ちかなとか、上がってきたから、もう高値かななど、の感覚は、得てして間違う事が多いそうです。
値頃に関係なく、この会社が、社会に必要かを考える。
●「儲けた後は、取引量を減らす」
株価が上がっているのだから、儲けた後は、取引量を減らすべきだそうです。
●「ピラミッディング(利乗せ、乗せ商い)のタイミングに注意する。レジスタンスやサポートをブレークしてから」
中途半端な位置から取引は避けるべきだそうです。
●「間違えて入るのをさけるのと同じく、間違えて手仕舞うことも避ける」
買う時は、皆さん注意しますが、売る時はなんとなく売ってしまうのは良くないそうです。

そんなに難しい事は言っていないそうですが、実行するのは難しいそうです。

TOKYO MX * 東京マーケットワイド

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)