インデックス(株指数)運用が市場を席巻 日経モーニングプラス

2017年4月19日の日経モーニングプラスで、ファイナンシャルプランナーの竹川 美奈子さんが、下記の内容について話されてました。

アクティブ運用は、運用担当者が独自の調査に基いて、有望な銘柄を厳選して、投資家のお金を投資する方法です。

インデックス運用は、日経平均や、トピックスなど、株指数に組み入れられた銘柄を機械的に買って投資し、指数に連動する成果を目指す方法です。

ドイチェ・アセット・マネジメント資産運用研究所の調査では、日本株投信の内訳では、インデックス運用は、2017年3月まででは、78%ものシェア(アクティブ運用が6.7兆円で、インデックス運用が24.2兆円)を誇っています。

インデックス運用が人気がある理由は、インデックス運用は、アナリストや、ファンドマネージャー(運用担当者)が不要な為、運用コストを安く抑えられ、インサイダーなどがなければ、株価材料が瞬時に織り込まれる為、株価指数を上回れないとする、効率的市場仮説があるそうです。

効率的市場仮説 – Wikipedia

現状では、アメリカでは特に、インデックス運用が人気で、例えば、スタンダード・アンド・プアーズが、毎年アクティブ運用が、インデックス指数にどれだけ負けているかを調査をして、公表しているそうですが、90%位が、15年間位で見ると、負けていると言う報告があるそうです。

日本は、ここまでは行かないそうですが、アクティブ運用がインデックス指数に70%位が負けているそうです。その為、アクティブ運用の投資信託が、インデックス指数の運用を上回る成績を出すのは難しいそうです。

日本のインデックス運用は、ますます広がりそうで、その背景としては、来年からスタートする積立NISAで、その対象となる投資信託の基準が発表されたそうですが、大部分がインデックスファンドになるそうです。

もう一つが、確定拠出年金と言うのがありますが、厚労省の社会保障審議会の企業年金部会で、運用商品の本数を制限しようと言う意見が出ていて、この議論が進んで、実際に本数が制限されると、こちらも、インデックス運用の投資信託が中心になりかねない様です。

インデックス運用に偏った場合に、懸念される事は、運用担当者が、企業調査をする機会が減るため、企業が市場で対話する担い手がいなくなってしまったり、また、機関投資家は、トピックスに沿って運用する為、新興企業への資金流入が少なくなる可能性があるそうです。

日経モーニングプラス|BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)