アメリカ株が強い理由は? 日経プラス10

2016年12月9日の「日経プラス10」で、日本経済新聞編集委員の鈴木亮さんが、下記の内容について話されてました。

日本株にも、海外の長期資金の買い戻しが入ってきているそうで、ソフトバンクや、ファーストリテイリングなどの大型株、更に12月9日は、出遅れ感があった銀行株にも、外国人の長期の買いが入っているそうで、メガバンクが年初来高値を更新するなど、非常に循環物色的な買いが続いていて、日本株は極めて強いそうです。

アメリカ株が強いのは、2万ドルを目前にして、過去最高値を連日の様に更新していて、なかなか利益確定売りが出ませんが、背景には、来年、トランプ次期大統領が、所得税減税の実施を考えていて、個人所得税の減税は、最高税率が39.6%から、33%に引き下げる可能性があり、その為、年内に利益確定をして利益を出すよりも、来年利益を確定させた方が、減税の恩恵を受けやすいとの事で、利益確定売りが年内は出にくくなっているそうで、先送りしようと言う状況の様です。

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)