米株安・金利低下でもドル円堅調の理由 Newsモーニングサテライト

2018年12月12日のNewsモーニングサテライトで、野村證券の池田雄之輔さんが、下記の内容について話されていました。 秋口以降は、アメリカ株や金利に下落が目立ちますが、ドル円が堅調な理由は、3つあるそうです。 ●米国外のリスクオフが、ドル買いを喚起 アメリカ国外のリスクオフの要因が、ドル全面的な買いを招いている様で、今週も月曜日に、イギリス・ポンドが急落しましたが、ボンド安で、ドルが買われた様... 続きを読む

来年は、円安圧力が高まる? 日経プラス10

2018年12月10日の「日経プラス10」で、JPモルガン・チェース銀行の佐々木融さんが、下記の内容について話されていました。 円の実質実効レートを見ると、既に歴史的な円安水準にある様ですが、過去20年間では、アメリカでは、物価が55%上昇していて、日本では、物価が5%しか上昇していないので、ドルは、円に対して、50%位廉価(れんか:値段が安いこと)しているそうで、物価が上がっていますが、ドル円は... 続きを読む

為替売買では、金利思考が強まっている Newsモーニングサテライト

2018年11月27日のNewsモーニングサテライトで、FPG証券の深谷 幸司さんが、下記の内容について話されていました。 27日FRB副議長や、地区連銀総裁による発言の機会があるので、景気見通しに改めて、慎重姿勢が見えると、ドル金利先高感が再び後退して、ドルの上値が重くなる可能性があるので、注意が必要だそうです。 そして、金利思考が、強まっている様で、アメリカの成長期待の剥落が、ハイテク株の大幅... 続きを読む

ドル実効為替レートの上昇 Newsモーニングサテライト

2018年11月26日のNewsモーニングサテライトで、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作さんが、下記の内容について話されていました。 今年は、アメリカ株が乱高下しても、ドル実効為替レートは、ほぼ一方的に上昇していて、現在FRBが公表している実効為替レートは、約16年7ヶ月ぶりの高値圏まで、買い進められています。 ドル実効為替レートが上昇している要因は、1つ目は、トランプ大統領のレパトリ... 続きを読む

今後の円高は限定的? 日経プラス10

2018年11月23日の「日経プラス10」で、ソニーフィナンシャルホールディングスの尾河 眞樹さんが、下記の内容について話されていました。 10月以降ドル円相場は、一旦は140円台を付けましたが、その後、円高(11月22日時点で112.94円)になっていて、目先は、もう少し円高になるリスクがあるのではないかと、考えているそうですが、円高になったとしても、限定的の様です。 円高になった最初のきっかけ... 続きを読む