貿易摩擦でも、アメリカの株価が下がらない理由 Newsモーニングサテライト

2018年7月17日のNewsモーニングサテライトで、大和証券CMアメリカのシュナイダー恵子さんが、下記の内容について話されていました。 貿易摩擦は、小康状態となっていますが、アメリカのマーケット関係者は、短期的には、貿易摩擦はエスカレートすると見られている様です。 トランプ大統領が、中国への強硬姿勢を打ち出した後の大統領支持率は、じわじわ上昇していて、これは、共和党の保守派が、将来、ハイテク産業... 続きを読む

信用買い残により、これまで株価の上値が重かった業種 東京マーケットワイド

2018年7月6日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  日本市場のよく見られる値動きとして、制度信用取引の6ヶ月の期日がある為に、高値の6ヶ月後に安値、又は、安値の6ヶ月後に高値を付ける事が多いそうですが、高値で株を買った人達は、反対売買を余儀なくされる様で、高値の6ヶ月後には、投げ売りが出やすく、これが、株価の安値形... 続きを読む

新安値数500以上は、株の買い場? :マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

018年7月10日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 2013年以降で、新安値数が、500以上になったのは、下記の9回だけだそうで、全部日経平均株価が、安値を付けた時で、2015年8月は、人民元ショック、2016年1月及び2月は、新興国ショックなどがありました。そして、2013年及び2014年は、500以上になった事は、1回も無いそ... 続きを読む

日経平均株価は、高値の6ヶ月後に安値を付ける? 東京マーケットワイド

2018年7月6日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  日経平均株価は、外部環境などの要因により、弱い動きになっていますが、それ以外に、日本独自の要因もあるそうで、それは、1月の高値の信用期日が接近してきている事だそうです。 日本株には、制度信用取引の6ヶ月の期日があるので、高値の6ヶ月後に安値、又は、安値の6ヶ月後に... 続きを読む

サッカー・ワールドカップ優勝国と日経平均株価の関係 東京マーケットワイド

2018年7月6日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  ロシアで行われているサッカー・ワールドカップは、ベスト8が決まって、7月15日には、決勝戦があり、優勝国が決まりますが、過去のサッカー・ワールドカップの結果から、どの国が勝ったら年後半日経平均株価が上昇するかを、調査したそうです。 ■過去のサッカーワールドカップの... 続きを読む