11月から12月のドル円レートは、円安傾向 東京マーケットワイド 

2018年11月16日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  8月の円高は良く言われている事で、今年も一時ドル円は、110円を割れるところまで下げて、円高になる事がありましたが、それと比べると、11月、12月は、毎年の様に円安になる事が多い様です。 尚、8月の円高は、8月にアメリカの金利が下がりやすい事が影響している様で... 続きを読む

11月の3連休明けは、株高のアノマリー 東京マーケットワイド

2018年11月16日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  11月の3連休明けは、株高のアノマリーがあるそうで、11月は、2日祝日があるので、3連休になる事が多いですが、今年も11月23日から25日が、3連休となり、その3連休が明けた日の日経平均株価は、上昇している事が多い様です。 1998年以降では、2009年11月... 続きを読む

需給の株価反発シグナルに期待 Newsモーニングサテライト

2018年11月14日のNewsモーニングサテライトで、東海東京流通センターの仙石 誠さんが、下記の内容について話されていました。 10月以降日本株は大きく下落しましたが、売り越しの主体は、海外投資家で、10月の海外投資家の売り越し金額は合計で、4兆2,729億円、そのうち現物株が、2,565億円に対して、先物が4兆164億円の売りと、投機的な投資家の売りが、日本株の下落につながった様です。 海外... 続きを読む

株価が最も上がりやすい期間:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年11月13日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 株価が最も上がりやすい期間は、日経平均株価が安値を付けた直後の1ヶ月から2ヶ月後までで、6割から7割は、1日の上昇幅が100円位になるそうです。 安値から戻り高値までの日数は、短くても1ヶ月位なので、今回は、8日間となっていますが、この短さで終わる事は無い様です。 20日前の... 続きを読む

短期急落場面後の株価の戻り率:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年11月13日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 いくら外部環境に弱いと言っても、日経平均株価の今日午前中に付けた安値の21,484円は、PER12.13で、PBRが、1.12で、これが今年最低水準で、急落相場の場合は、PERは、あまり意味をなさないそうですが、PER12.13は、下げ過ぎだと考えているそうです。 10月29... 続きを読む