11月20日位から中間配当で、株高円安効果に期待 日経プラス10

2019年11月15日の「日経プラス10」で、楽天証券経済研究所 大和証券 チーフテクニカルアナリストの木野内 栄治さんが、下記の内容について話されていました。 11月19日から3月決算企業の中間配当の支払いが開始され、3週間位かけて、合計で約4.3兆円が配当され、株主に返ってくる予定となっています。 この配当金は、株価に大きな影響がある様で、配当が返ってくると、投資家は再投資の動きに出る可能性が... 続きを読む



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

裁定取引が株価を押し上げている可能性 日経プラス10

2019年11月5日の「日経プラス10」で、楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジストの窪田 真之さんが、下記の内容について話されていました。 裁定買いは、先物を売って現物を買う事で、裁定売りは、先物を買って現物を売る事ですが、投機筋が先物を買い上げたところで、割高になった先物を売って、現物を買うと言う行為により、日経平均株価が上がっている様です。 窪田 真之さんは、ファンドマネージャーの時に、先... 続きを読む

11月は投資好機 日経プラス10

2019年11月5日の「日経プラス10」で、大和証券 チーフテクニカルアナリストの木野内 栄治さんが、下記の内容について話されていました。 過去のシミュレーションでは、半年間株を買い持ち(半年後に株を売ると考える場合)していると、11月に購入すると、平均騰落率が一番良いそうで、上昇確率は、11月に買って、5月に売るのが、一番パフォーマンスが良い事が知られているので、11月は投資好機と言える様です。... 続きを読む

日経平均の低PERが続いてしまう可能性:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2019年10月15日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 日経平均株価の高値記録時の主な要因が、米国株の最高値、海外投資家の日本株の買い越し、円安の3つだそうで、これらの事を考えると、日経平均株価には自律性はない様で、日経平均株価のPERを年初から調べてみると、下記の状況だそうです。 ・昨年10月23日から一度もPERが13倍を超え... 続きを読む

リーマンショック前後の東証33業種別の単純下落率 マーケット・アナライズplus+ 

2019年7月27日のマーケット・アナライズplus+で、複眼経済観測所の渡部清二さんが、下記の内容について話されていました。 リーマンショック前の最高値の2007年7月9日の終値から、リーマンショック後の最安値の2009年3月10日終値までの1年半の期間で、日経平均株価の下落率は、-61.4%でしたが、東証33業種の中で、日経平均以上に下がった業種の上位5位までが、下記の業種です。 ●東証33業... 続きを読む