株価の上昇を、ボリンジャーバンドで把握する方法 ザ☆スマート・トレーダーPLUS

2017年11月29日のザ☆スマート・トレーダーPLUSで、IFTA国際検定テクニカルアナリストの福永博之さんが、下記の内容について話されていました。 日経平均株価は、ボリンジャーバンドで、11月29日の終値を見ると、+1σを上回って終えていて、なおかつ、先週は、+1σ(プラス1シグマ)と、+2σ(プラス2シグマ)が、下向きでしたが、29日には、上向きに変わってきていてます。 先週は、ボリンジャ... 続きを読む

ボリンジャーバンドによる買い戻しが入りやすい銘柄

Yahoo!ファイナンスでは、一日二回(11時52分及び15時21分)、ボリンジャーバンドの+3σを上回った銘柄や、-3σを下回った銘柄を紹介しています。-3σを下回った株は、よほどの事が無い限り、買い戻しが入りやすい銘柄と言えると思います。投資の参考にしてはいかがでしょうか。しかし、-3σからなだらかに下落していく銘柄もありますので、注意が必要です。 ボリンジャー|±3σブレイク銘柄 ̵... 続きを読む

ボリンジャーバンドは、非常に役立つ?

ボリンジャーバンドは、統計学の標準偏差と正規分布の考え方に基づいた指標で、±1σに収まる確率が68.26%、±2σに収まる確率が95.44%、±3σに収まる確率が99.73%になると言われております。 その為、+3σを超えたら、株は下落する事が多く、⁻3σをしたまわったら上昇に切り替わる可能性が高いです。これは、必ずではありませんが、非常に確立が高いです。しかし、+3σを超えた後、しばらく+3σの... 続きを読む