「自分の好きなものや、ピンと来るテーマに投資ができる ”フォリオ(folio)”」 ワールドビジネスサテライト

2018年8月29日のワールドビジネスサテライトで、「自分の好きなものや、ピンと来るテーマに投資ができる ”フォリオ(folio)”」の話題がありました。  フォリオと言う株式投資アプリは、e-Sports(イー・スポーツ)、カジノ解禁、VR(仮想現実)、寿司、働き方改革、アンチエイジングなどのテーマに投資ができるサービスです。 投資アプリを手がけるベンチャー企業のフォリオ(folio)の甲斐真一... 続きを読む

優秀なトレーダーの売買をチェックしてFXの自動投資 ”macaso(マカソ) ” ワールドビジネスサテライト

2018年6月20日の「ワールドビジネスサテライト」で、「優秀なトレーダーの売買をチェックしてFXの自動投資 ”macaso(マカソ) ”」の話題がありました。  インターネットの検索サイトなどを運営するエキサイトが、フィンテック事業に本格参入して、初心者向けFX(外国為替証拠金取引)の新しいサービス”macaso(マカソ) ”を始めるとの事です。 ”macaso(マカソ) ”は、FX取引を、実績... 続きを読む

AI(人工知能)を活用した外貨自動積立サービス ワールドビジネスサテライト

2018年3月12日 の「ワールドビジネスサテライト」で、「AI(人工知能)を活用した外貨自動積立サービス」の話題がありました。  ネット銀行のじぶん銀行が始めたのが、AI(人工知能)を活用した外貨自動積立サービスだそうです。 じぶん銀行の榊原一弥執行役員の話では、外貨を購入するタイミングを、AI(人工知能)が判断して、有利なタイミングで積立を行うサービスで、選べる外貨は、米ドル、ユーロ、豪ドル(... 続きを読む

AI(人工知能)を使ったヘッジファンドの状況 日経プラス10

2018年1月15日の「日経プラス10」で、日経ヴェリタス編集長の小栗太さんが、下記の内容について話されてました。 AI(人工知能)が最も使われていると言われているのが、資産運用の分野だそうですが、AIを使ったヘッジファンドの成績は、ヘッジファンド全体の平均よりも、2011年から2017年11月までのデータを見ると、2012年以外は、AIを使ったヘッジファンドの成績の方が利益率が高いそうです。 特... 続きを読む

「AIを使った外貨預金サポートツール ”じぶん銀行AI外貨予測” 」 お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~

2017年10月19日の「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」で、「AIを使った外貨預金サポートツール ”じぶん銀行AI外貨予測”」 について説明がありました。 ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんの話では、今後のロボアドは、AIを使って運用が自動化していくそうで、運用が上手く行ったデータを積み重ねる事で、AIがどんどん賢くなって、全自動になる可能性もあるそうです。 外貨の変動を予測... 続きを読む