「AIを使った外貨預金サポートツール ”じぶん銀行AI外貨予測” 」 お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~

2017年10月19日の「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」で、「AIを使った外貨預金サポートツール ”じぶん銀行AI外貨予測”」 について説明がありました。 ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんの話では、今後のロボアドは、AIを使って運用が自動化していくそうで、運用が上手く行ったデータを積み重ねる事で、AIがどんどん賢くなって、全自動になる可能性もあるそうです。 外貨の変動を予測... 続きを読む

急拡大するAI(人工知能)投資の実力 日経プラス10

2017年6月30日の「日経プラス10」で、長年金融に関する技術を研究してきたRPテック(リサーチアンドプライシングテクノロジー)取締役の櫻井豊さんが、下記の内容について話されてました。 近年、AI(人工知能)を活用して運用するAI投資が広がっていますが、膨大なデータを瞬時に処理するなど、高い能力で、一部のファンドでは、人間より優れた成績を収めているそうです。 資産運用のサービスを提供しているウェ... 続きを読む

アメリカのAI(人工知能)対人間の運用成績  Newsモーニングサテライト

2017年8月2日のNewsモーニングサテライトで、ホリコ・キャピタルマネジメントの堀古英司さんが、下記の内容について話されてました。 アメリカでは、売買高の約8割がAI(人工知能)又は、システムトレーディングではないかと言われているそうで、システムトレーディングは、今に始まった事ではなく、以前からあるそうで、使われたり、廃れたりするそうです。 実際のパフォーマンスは、6月のウォール・ストリート・... 続きを読む

1,000円からの日本株投資 ワンタップバイ(One Tap BUY) ワールドビジネスサテライト

2017年7月24日の「ワールドビジネスサテライト」で、「1,000円からの日本株投資」の話題がありました。  スマホ専業の証券会社ワンタップバイ(One Tap BUY)が、2017年7月24日に発表したのが、日本株の取引サービスで、スマホで銘柄を選び、金額を指定し、購入を決定する、と言う3回の操作で1,000円から、簡単に株式に投資ができます。 取引できる銘柄は、任天堂、ファーストリテイリング... 続きを読む

AIが決算報告書をわかりやすく60秒で分析 ワールドビジネスサテライト

2017年7月13日の「ワールドビジネスサテライト」で、「AIが決算報告書をわかりやすく60秒で分析」の話題がありました。  ITベンチャー企業のゼノデータ・ラボの関洋二郎社長の話しでは、ゼノデータ・ラボは、AI(人工知能)を使い、決算発表後、直ぐに決算短信を読み込んで、業績やその背景を説明するリポートを生成して、お客様に提供する新サービスを開始したそうです。 上場企業が、決算発表時に公表する決算... 続きを読む

1 / 3123