相場師朗の株塾:相場師朗さんの株トレードの具体的な方法

2017年7月18日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。 普段トレードする時には、観察から入るそうで、週末になると、JPX400銘柄を、週足でチックして、自分で動きが読めそうな銘柄を、JPX400銘柄の中から、抽出していくそうです。 週足で動きが読めそうな銘柄をチェックしていて、例えば、下落局面では、20週移動平均線の下に5週移動平均線があり、20週移動平均線も、... 続きを読む

相場師朗の株塾:ヤクルト(2267)のチャートを読む例

2017年7月18日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。 ヤクルト(2267)のチャートを確認すると、2017年6月21日位までは、全ての移動平均線が上げていましたが、その後、ロウソク足が、緑色の20日移動平均線を割り込んでいます。 2017年6月21日の赤丸の高値は、その前の赤丸の高値と並んだくらいで、上には超えられずに、ピンク色が5日移動平均線が、緑色が20日... 続きを読む

相場師朗の株塾:為替相場(ドル円)の分析

2017年7月18日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。 図の緑色の20日移動平均線の最初の安値が、赤丸の辺りで、その次の安値が、赤紫の丸辺りなので、20日移動平均線の安値は、前の安値を割り込んでいません。 そして、前の20日移動平均線の高値が、オレンジの丸辺りなので、今の20日移動平均線の位置(青の丸)は、以前の高値を超えています。その為、20日移動平均線の状況... 続きを読む

相場ゼミ:相場師朗さんが、1銘柄だけで、60万円を20億円にした取引方法は?

相場師朗の株塾:ドル円(為替)の今後の動きを読む例

2017年7月11日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。 ピンク色の5日移動平均線と、緑色の20日移動平均線が、上方向に向かっているので、円安方向と言う事になります。 ■日足のチャートによるドル円(為替)の分析 今後考えなければいけない事は、円安が2ヶ月目に入っているので、以前の円安局面では、急激に円安になったのにもかかわらず、円高に戻ってしまったので、2017年... 続きを読む

相場師朗の株塾:大平洋金属(5541)のチャートで売買する例

2017年7月11日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。 相場師朗さんは、非常に出来高が多いので、大平洋金属(5541)の株を売買する事が好きで、例えば、50万株とか売買をしても、売買が成り立つそうです。 今までずっと、ピンク色の5日移動平均線が、緑色の20日移動平均線の下にあったのが、5日移動平均線と、20日移動平均線の順番が入れ替わったので、株価が上昇する可能... 続きを読む