日本株の2017年末と、2018年末の比較:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2019年1月15日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 2018年は、2017年と比べると、下記の様に、日本株の評価が下がった年だそうです。 2017年末の日経平均株価のPER(株価収益率)は、15.06倍、PBR(株価純資産倍率)は、1.32倍で、ドル建て日経平均は、202ドルで、NYダウは、24,719ドルでしたが、2018年末... 続きを読む

PBR1.0倍は、リーマンショック以来の異常値 東京マーケットワイド

2018年12月27日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの中嶋健吉さんが、下記の内容について話されていました。 12月25日までの下げは、機械的な売りが支配した相場で、そして、12月26日、27日は、機械的な動きが戻した動きなので、今後トランプ大統領が、ツイッターで発信したり、米中関係に何か問題が出ない限りは、一旦歯車が、マイナス回転から、プラス回転に転換すると、しばらくは上昇が続く可... 続きを読む

PBR(株価純資産倍率)から見る日経平均株価の底値:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年12月18日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 2017年のPBR(株価純資産倍率)の最低は、4月の安値時の1.21倍でした。 2018年は、9月までは、1.18倍が下限で、1.18倍を下回ったのは、3月23日の1.15倍と、3月26日の1.16倍の2日のみで、この時は、ドル円が105円を割り込んだからの様です。 しかし、... 続きを読む

1年移動平均線と、PBR1.18倍で底値を確認できる?:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年10月23日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 底値確認のシグナルとしては、1年移動平均線と、PBR1.18倍が岩盤だったそうですが、10月23日の前場の終値がPBR1.18倍で、株価は、1年移動平均線を完全に下回ってきた様で、この岩盤が崩れてしまう可能性がある様です。 1年移動平均線が22,506円で、1株当たりの純資産... 続きを読む

2018年は、株価の下値を探るには、PBRが有効:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年8月21日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 日経平均株価の下値を探るのあれば、2018年(今年)は、PBR(株価純資産倍率)が良いそうで、2018年の日経平均株価のPBR(株価純資産倍率)が、1.2倍割れの日数は、これまで、全部で27日です。 そして、PBR(株価純資産倍率)は、1.2倍を割れても、1.19倍又は、1.1... 続きを読む