日本で注目の投資先 ”インフラファンド” 日経プラス10

2018年6月15日の「日経プラス10」で、ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが、下記の内容について話されていました。 今後の投資先として注目しているのが、”インフラファンド”で、これは、リートと同じ様なもので、投資法人を設立して、この投資法人が、太陽光発電、道路、空港などの社会インフラに投資する商品の事で、現在日本では、太陽光発電に投資する商品しか上場していないそうです。 ■ETFインフラ... 続きを読む

投資分類別の月次運用成績 日経プラス10

2018年6月15日の「日経プラス10」で、ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが、下記の内容について話されていました。 確定拠出型年金加入者数は、企業型が約650万人、個人型(イデコ)約90万人も加入しているそうです。 アメリカは、今年2回目の利上げをしましたが、アメリカが利上げをすると、新興国からお金が逃げると言われていて、新興国債権は、年初から4ヶ月連続でマイナスとなっていて、新興国株式... 続きを読む

過去のワールドカップ期間中の日経平均株価の動き 東京マーケットワイド

2018年6月15日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  過去のワールドカップ期間中の日経平均株価は、上げ下げを交互に繰り返している状況で、もし、今年もこの流れを繰り返す場合には、ワールドカップ期間中株価は、下げる事になる様です。 そして、決勝が日曜日なので、その翌日から、一ヶ月後までの株価の変動を見ると、株価は、1度... 続きを読む

直近3ヶ月以上株価が堅調な新興市場銘柄 東京マーケットワイド 

2018年6月8日の東京マーケットワイドで、内藤証券の高橋俊郎さんが、下記の内容について話されていました。 2018年3月8日から6月7日までの直近3ヶ月では、日経平均株価に比べて、マザーズやジャスダックは、軟調ですが、マザーズやジャスダックの中でも、上昇基調にある銘柄もあるそうです。 そこで、2018年6月7日を起点に、2017年6月8日(1年前)、2017年12月8日(6ヶ月前)、2018年3... 続きを読む

決算プレイはやらない方が良い? ザ・マネー 水曜日 杉村富生さん

決算プレイを行う人達は、決算の事前に買うので、決算が良くても、悪くても売ってくるそうで、決算プレイで利益を出すのは、非常に難しいそうです。 もし、決算が悪い場合には、とことん売られて、そして、コンセンサスにちょっとでも届かない場合でも、売られるので、どっちみち売られる事となり、その為、決算発表の内容を見て、それからゆっくりと、買った方が良いそうです。 決算プレイは、ほとんどが機械的に行っているので... 続きを読む