年内は、ボラティリティが高い相場が続く?:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年12月11日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 ボラティリティが、高いので、アメリカの株価の上昇下落の動きが激しいそうで、通常は、アメリカのVIX恐怖指数は、日経VI(日本の恐怖指数)より、3.5ポイントから4ポイント低いのですが、先週は、アメリカのVIX恐怖指数の方が高かった様で、株価が落ち着かないので、上昇しないとの事... 続きを読む

メジャーSQ翌週の株価が、中期的な株価の方向性を示唆 東京マーケットワイド

2017年12月1日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されてました。  今週が、メジャーSQだったので、12月11日から12月15日がメジャーSQ翌週となりますが、メジャーSQ翌週の株価が、中期的な株価の方向性を示唆する可能性があるそうです。 過去のメジャーSQ翌週の株価の騰落を見ると、2015年以降は、メジャーSQ翌週の株価が下がる... 続きを読む

12月6日の大幅下落の悪材料 日経モーニングプラス

2017年12月7日の日経モーニングプラスで、BSジャパン解説委員の豊嶋広さんが、下記の内容について話されてました。 12月6日の日経平均株価の足取りは、10時30分から中国の金融引締め懸念で、上海株が続落して、それに伴い日経平均株価も下落が始まり、12時30分位からは、トランプ大統領の大使館移転方針が伝わり、日経平均株価は、大きく下落を始めて、その後、昼休み中に日経平均先物の売りが拡大して、14... 続きを読む

11月9日の856円の乱高下は、オプションSQと高速取引 東京マーケットワイド 

2017年11月10日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの中嶋健吉さんが、下記の内容について話されてました。 11月10日は、オプションSQの日で、11月9日の午前中にマーケットがグイグイと上がっていた事で、2万3,000円、2万3,250円、2万3,500円のコールオプションが1万数千枚各レベルで溜まっていたそうです。 コールオプションが溜まっているということは、コールを売っている投... 続きを読む

株価乱高下の理由(SQに絡んだ売買) 日経プラス10

2017年11月9日の「日経プラス10」で、みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊さんと、日本経済新聞メディア戦略部長兼キャスターの八田亮一さんが、下記の内容について話されてました。 11月9日午前の取引では、前の日に比べて、468円高い、2万3,380円まで日経平均株価は上昇しましたが、午後の取引では、急落して、下げ幅は、一時は400円に迫り、一日の値幅は、859円と、アメリカの大統領選挙... 続きを読む