日経平均株価の大底圏で起こる現象:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年8月14日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 空売り比率の5日平均が、43%以上で、新安値数の5日平均が、新高値数の5日平均よりも多い時に、日経平均株価は大底を付けるそうで、底値圏での株価は、ドル円相場次第の様です。 今年の2月から3月は、ドル円が105円位から107円位と、円高だったので、日経平均株価は、21,000円台... 続きを読む

空売り比率の月中平均の推移 :マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年8月14日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 空売り比率の月中平均の推移を2018年の年初から見ると、月中平均が40%を切っているのは、1月だけで、その時のPERは、15.58倍でした。 2月以降は、空売り比率の月中平均が、43%を超えているので、PERは、13倍台や、12倍台になってしまっています。 そして、1月か7月の... 続きを読む

ドル円が安定している3つの理由 Newsモーニングサテライト

2018年8月14日のNewsモーニングサテライトで、野村證券の池田雄之輔さんが、下記の内容について話されていました。 ユーロ安に比べると、ドルは安定している様に見えますが、これだけ世界的にリスクオフになっているのに、ドルが崩れていない理由は、3つあるそうです。 ●米国株が持ちこたえている アメリカ株は、8月13日も続落となっていますが、小幅な下落に留まっていて、これが、全体的なリスクオフが行き過... 続きを読む

日経平均株価は、8月13日から24日までに大底? GOGOJUNGLE マーケット・ストラテジー

2018年8月10日のGOGOJUNGLE マーケット・ストラテジーで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 8月13日の終値は、3ヶ月(60日)移動平均線及び200日移動平均線を下回っていて、今までは、200日移動平均線を下回っても、1日又は2日で戻っていて、200日移動平均線は、上昇中だったので問題なかったそうですが、このまま、2万2,300円レベルで、8... 続きを読む

8月の押し目買いが、年末までに利益を生む可能性が高い 東京マーケットワイド

2018年8月10日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。  足元の相場は、上値が重くなっていますが、8月の前半は、近年では日本の株価は軟調な事が多いそうで、その動きを再現する様な状況の様です。 目先の状況としては、米中貿易戦争を懸念した動きとして、8月23日には、米中双方の140億ドルの追加の関税実施の動きがあり、その前... 続きを読む