弱まらない売り圧力と、高い変動率:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年10月23日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 様々なデータを見ると、明らかに底値圏に届いていて、短期的には、戻りを試すタイミングでもある様ですが、行くてを遮るのが、想定以上に売り圧力が強く、弱まらない売り圧力と、そして、ニューヨーク・ダウと日経平均株価の高い変動率だそうです。 株価の上昇の秘訣は、動かない事だそうで、相場... 続きを読む

今後米中貿易摩擦関連の話が、緩和する可能性 マーケット・アナライズplus+ 

2018年10月20日のマーケット・アナライズplus+で、複眼経済観測所取締役のエミン・ユルマズさんが、下記の内容について話されていました。 10月15日の週は、アメリカが中国を為替操作国として認定するのではないかとの心配もありましたが、アメリカはその判断を見送りました。 これは、どんなインプリケーション(含んでいる意味)があるかと言うと、足元では、アメリカ株は下落していて、その株価の下落要因は... 続きを読む

消費増税による日本株への影響 Newsモーニングサテライト

2018年10月19日のNewsモーニングサテライトで、大和証券株式会社 投資戦略部シニアストラテジストの石黒英之さんが、下記の内容について話されていました。 日本政府は、2019年10月からの消費増税に向けて動き出していて、市場では、消費増税イコール株安と捉える向きも多いのですが、必ずしも消費増税は、株安とはならないそうです。 1989年4月(消費税導入3%)、1997年4月(3%から5%への増... 続きを読む

日銀の連続ETF買いは、株価反転のシグナル? Newsモーニングサテライト

2018年10月18日のNewsモーニングサテライトで、東海東京流通センターの仙石 誠さんが、下記の内容について話されていました。 今回の急落局面では、日銀の連続ETF買いは、10月5日から10月15日の6営業日連続となった様で、金額的には、4,200億円規模となったそうですが、日銀の5営業日以上の連続の買い付けは、2017年以降5回目となり、いずれも買い付け以降は、株価が反発している様です。 今... 続きを読む

10月に大暴落が起きる理由 マーケット・アナライズplus+ 

2018年10月13日のマーケット・アナライズplus+で、大和証券 チーフテクニカルアナリストの木野内 栄治さんが、下記の内容について話されていました。 今回の下落は、2つ底入れのパターンが考えられるそうで、今回の下落の震源地であるニューヨーク・ダウは、13週移動平均の乖離率から見ると、楽観的なパターンでは、10月11日のザラ場で達した4%乖離の24,771ドルで下げ止まる可能性があり、悲観的な... 続きを読む