日経平均株価は、8月13日から24日までに大底? GOGOJUNGLE マーケット・ストラテジー

2018年8月10日のGOGOJUNGLE マーケット・ストラテジーで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 8月13日の終値は、3ヶ月(60日)移動平均線及び200日移動平均線を下回っていて、今までは、200日移動平均線を下回っても、1日又は2日で戻っていて、200日移動平均線は、上昇中だったので問題なかったそうですが、このまま、2万2,300円レベルで、8... 続きを読む

相場師朗の株塾:逆張りよりも、順張りの方が簡単

2018年6月12日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。 セミナーなどを通して、5年間様々な方々に、トレーディングを教えてきたそうですが、逆張りの練習(うねり取り)は、上手になるのに、ものすごく時間がかかるそうで、相場師朗さんや、一部のプロ相場師の方々も、この方法を行う事ができるそうですが、一般の方には、この方法は難しいそうで、一人前になるには、10年から15年... 続きを読む

相場師朗の株塾:3日移動平均線を使って、ベストな売買のタイミングを見つける方法

2018年5月29日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。 売買で、移動平均線を使う理由は、株価の動きが、凸凹しているのを、キレイな流れとして見る事ができるので、株価の流れを捉える為には、移動平均線だけを見た方が良いとの事で、5日移動平均線や、20日移動平均線は、本当に良く、5日移動平均線が、20日移動平均線の上にある時は、株価が上昇傾向にあり、逆に、5日移動平均... 続きを読む

相場師朗の株塾:移動平均線の方向がバラバラの場合の対応

2018年5月22日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。 5日移動平均線、20日移動平均線、60日移動平均線とも方向が揃って上向きの場合は、株価が一生懸命上がっている状況で、逆に、5日移動平均線、20日移動平均線、60日移動平均線とも方向が揃って下向きの場合は、一生懸命下がっている状況となります。 株価が一生懸命上がっている時に、最初に崩れるのが、5日移動平均線... 続きを読む

1ヶ月サイクルでは、株価は上昇相場 :マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年7月31日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 7月31日には、20日移動平均線と、200日移動平均線が、ゴールデンクロスするそうですが、このゴールデンクロスは、あまり意味が無いそうで、ただ、7月5日が日経平均株価の安値であった事を、追認する事になるそうです。 しかし、7月31日の終値が、2万5,000円以上となれば、1週間... 続きを読む