12月最終週(掉尾の一振)の過去の騰落幅 マーケット・アナライズplus+

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月16日のマーケット・アナライズplus+で、大和証券投資戦略部 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されてました。


12月最終週は、株価が上がりやすいと様で、過去20年間の日経平均株価の年末の値と、年最終5営業日の騰落幅は、下記の通りです。

過去20年間で、17勝3敗と勝率は高いですが、最近は、マイナス(2010年、2014年、2016年)になる事もありますが、上がる時には、掉尾の一振で、300円から400円も上がっている時もある様です。

年末から、1月にかけては、ジャスダックなどの新興市場の方が、期待できますが、東証一部の225銘柄に投資しても、利益が取れる可能性も高いとの事です。

その為、12月の投資戦略としては、株価が押し目を付けた時は、買いを入れると良いそうです。

●1997年の日経平均年末値は、1万5,258円で、年最終5営業日の騰落幅は、456.34円
●1998年の日経平均年末値は、1万3,842円で、年最終5営業日の騰落幅は、62.72円
●1999年の日経平均年末値は、1万8,934円で、年最終5営業日の騰落幅は、472.41円
●2000年の日経平均年末値は、1万3,785円で、年最終5営業日の騰落幅は、358.61円
●2001年の日経平均年末値は、1万542円で、年最終5営業日の騰落幅は、108.10円
●2002年の日経平均年末値は、8,578円で、年最終5営業日の騰落幅は、172.07円
●2003年の日経平均年末値は、1万676円で、年最終5営業日の騰落幅は、304.13円
●2004年の日経平均年末値は、1万1,488円で、年最終5営業日の騰落幅は、279.32円
●2005年の日経平均年末値は、1万6,111円で、年最終5営業日の騰落幅は、170.06円
●2006年の日経平均年末値は、1万7,225円で、年最終5営業日の騰落幅は、120.87円
●2007年の日経平均年末値は、1万5,307円で、年最終5営業日の騰落幅は、276.18円
●2008年の日経平均年末値は、8,859円で、年最終5営業日の騰落幅は、135.78円
●2009年の日経平均年末値は、1万546円で、年最終5営業日の騰落幅は、168.41円
●2010年の日経平均年末値は、1万228円で、年最終5営業日の騰落幅は、-117.56円
●2011年の日経平均年末値は、8,455円で、年最終5営業日の騰落幅は、60.19円
●2012年の日経平均年末値は、1万395円で、年最終5営業日の騰落幅は、355.85円
●2013年の日経平均年末値は、1万6,291円で、年最終5営業日の騰落幅は、420.89円
●2014年の日経平均年末値は、1万7,450円で、年最終5営業日の騰落幅は、-184.37円
●2015年の日経平均年末値は、1万9,033円で、年最終5営業日の騰落幅は、147.01円
●2016年の日経平均年末値は、1万9,114円で、年最終5営業日の騰落幅は、-313.30円

マーケット・アナライズplus+公式サイト|BS12 トゥエルビ

1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト




ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)