超大型株の出遅れ修正 日経プラス10

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月6日の「日経プラス10」で、コモンズ投信の糸島孝俊さんが、下記の内容について話されてました。

前回の高値の2015年6月24日の終値2万868円を100%とした場合に、2016年6月6日の終値(1万9,979円)では、日経平均株価は、95.7%、TOPIXは、95%、超大型株は、86.4%、大型株は、97.1%、中型株は、99.6%、小型株が、106.7%と、小型株は以前の高値を超えている状況ですが、超大型株(東証一部時価総額上位30社)は、86.4%と一番出遅れているそうです。

日経平均株価が2万円を再度超えて行くためには、この超大型株が上がってくる必要があるそうで、この超大型株の中でも既に上昇している上位5銘柄は、キーエンス、信越化学工業、NTT,ソフトバンクグループ、NTTドコモで、下位5銘柄は、アステラス製薬、三井不動産、村田製作所、みずほファイナンシャルグループ、トヨタ自動車で、2015年6月24日の水準の70%位しか達成していないそうで、日経平均株価の水準で行くと、1万5,000円位しか達してないそうです。

そして、株価があがる為には、トヨタ自動車の場合は、為替の円安、みずほファイナンシャルグループの場合には、アメリカ金利の上昇が、キーになってくるそうです。

日経プラス10 | BSジャパン


1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)