相場師朗の株塾:肉を切らせて、骨を断つ戦略(最初の買いは捨てて、売りで利益を得る)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月1日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。


ある会社の株が上昇局面で、もう少し上がると、移動平均線の順番が、大きく入れ替わる手前だとした場合(移動平均線が、上から5日移動平均線,20日移動平均線,60日移動平均線なる前の状況で、5日移動平均線が、上にある20日移動平均線をうわ抜いていく時)に、株価が上がっている最中なので、今買うと、株価が下がってしまう可能性もあるので、怖くて入れないくて、見ているうちに、
みるみる株価が上昇して、あの時買っておけば良かったと、後で思ってしまう事があると思います。

その様な状況が起こる前に、株を買ってみるべきで、連続して上げている時に買ってしまって、その後下がってしまっても、その時の買いは、マイナスになりますが、下落に転換したと判断できれば、買いの1.5倍か、2倍の売りを入れれば、順調に下げを取る事ができるそうです。

つまり、最初の買いは、そのまま上がればプラスですが、下がってしまった場合には、その買いは、犠牲にすると言う考え方だそうです。

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

USTREAM: 相場師朗の株塾
相場師朗の株塾 | ラジオNIKKEI

1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト




ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)