決算発表が終了で、夏から秋は組み換え作業 東京マーケットワイド 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月16日の東京マーケットワイドで、株式アナリストの鈴木一之さんが、下記の内容について話されてました。


決算発表が終了したので、機関投資家や、証券会社のアナリストなどが、銘柄の精査や、ボートフォーリオの組み換え作業が、これから行われるそうで、上がる銘柄は、8月、9月、10月位まで上がり続け、逆に下る銘柄は、同じくらいの期間下がり続ける事が起こりやすいそうです。

例えば、500億円や、1,000億円のファンドを運用していて、1銘柄5%まで組み入れる場合は、小型株を対象としていた時は、満足する株式数を組み込もうとすると、2ヶ月から3ヶ月かかるそうで、夏から秋にかけては、成長株の上昇相場が続きやすいことが多いそうです。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト




ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)