株価が大きく崩れる時のVIX指数(恐怖指数)の状況 Newsモーニングサテライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月26日のNewsモーニングサテライトで、野村グループニューヨークの前田秀人さんが、下記の内容について話されてました。


アメリカ株は、長期の上昇が続いて、そろそろ下がるのでは、と言う声もあるそうですが、過去に株価が大きく崩れる時は、投資家心理を示すVIX指数(恐怖指数)が、20以上で、2ヶ月以上推移する傾向があるそうです。

恐怖指数(VIX 日経VI VSTOXX) 日経平均比較チャート

VIX指数(恐怖指数)が、上がる局面の1点目は、アナリストによる決算予想が各社で大きく乖離している時で、つまり、決算の不透明感が高まっている時だそうです。直近の決算は、各アナリストの予想の乖離は、ここ20年で最も低い水準で、それが、VIX指数(恐怖指数)の低さを後押ししているそうです。

2点目は、実際の決算が予想を下回るネガティブサプライズの数が多い時で、現在の状況は、2012年から決算が予想を上回るポジティブサプライズが、上昇トレンドにあり、ネガティブサプライズの件数を大きく上回っている様です。

結論としては、企業のファンダメンタルズから見ると、VIX指数(恐怖指数)は、まだ上昇しそうな状況ではなく、大きな調整は、まだ先の様に思えるそうで、今後も決算を見る上で、アナリスト予想に変化が出てくるかを、注視する必要があるそうです。

Newsモーニングサテライト:テレビ東京

1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト




ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)