日経平均株価は上がらないが、TOPIXが高値を更新した理由 マーケット・アナライズplus+

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月22日のマーケット・アナライズplus+で、鈴木一之さんと、金融ストラテジストの岡崎良介さんが、下記の内容について話されてました。


日経平均株価は、2万円を挟んでの攻防が長期化してきていますが、6月から、株価は下がってもおかしくない様な、FRBのバランスシート圧縮プラン、ドラギECB総裁の発言、イエレン議長の議会証言等もありましたが、株価は、ほとんど動かなかったのが現状です。そして、TOPIXは、大型株の値動きが堅調だったので、高値を更新しています。

TOPIXが買われて、日経平均株価が、売られているのは、日銀は今までは、日経平均型のETFを買っていましたが、その弊害(日銀が筆頭株主になる銘柄が出てきている)が出ている事が、取引所からも出ているので、日銀の買うETFは、これから、100%TOPIX型のETFになる様です。

見逃し配信 | マーケット・アナライズplus+ | BS12 トゥエルビ
マーケット・アナライズplus+公式サイト|BS12 トゥエルビ

1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト




ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)