情報通信株は、3月頃から株価は堅調になる マーケット・アナライズplus+ 

2017年12月16日のマーケット・アナライズplus+で、大和証券投資戦略部 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されてました。

最近、楽天が通信事業に参入すると話題になりましたが、情報通信株(NTT、KDDIなど)は、3月位からパフォーマンスが良くなる事が多いそうです。

東証業種別株価指数の情報通信業と、TOPIXの相対パフォーマンスを見ると、情報通信株は、3月位から、夏位まで上昇して、業績等が良ければ、秋頃まで上がるそうです。

3月位から情報通信株が上がりやすい理由は、3月になると、携帯の新規契約が増えやすいそうで、その実績が、4月の半ば位に発表され、話題になる事により、情報通信株に期待感が高まる様です。

そして、情報通信株は、秋頃に向けて天井を打つ事が多いそうですが、秋には、新型iphoneの発表があり、iphoneの発表で、買い一巡して、下落する事が多いそうです。

その為、3月前後の押し目で情報通信株を買うと、秋に向けて、利益が取りやすくなるとの事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)